4本部体制を強化 奥理事長選任 自己改革 最大限支援 農林中金

 農林中央金庫は16日、6月から4本部体制を強化し、機動的に対応できる体制とすることを決めた。当面は副理事長を配置せず、理事長の下で4人の専務が本部長として運営する。同日の経営管理委員会で、新理事長に奥和登専務を選んだ。奥専務は、JAグループ自己改革で掲げる農業所得の増大などに向けて、JAの取り組みを最大限支援すると強調した。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは