米主産地で輸出用拡大 多収品種、省力技術を導入 価格差なお開き所得確保策が鍵

輸出用に10ヘクタール作付けする石島さん。無線操縦のボートを使い除草剤散布の時間を短縮している(茨城県下妻市で)

 米の主産地で輸出用米を増産する動きが加速している。人口減などから国内の消費が落ち込む中、新たな米の売り先として海外市場に照準を合わせる。産地は競争力を高めるため、多収性品種や省力化技術を導入。輸出用米の価格は、現地との見合いで国内の主食用販売よりも低くなる。産地は今年始まった10アール当たり2万円の政府助成を活用するが、輸出量の一層の拡大には、農家所得の確保が鍵となる。(玉井理美)
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは