【国会・農家で取材体験!】日本農業新聞 3days夏期インターンシップ

 日本農業新聞は8月27日(月)から3日間、インターンシップを開催します。募集を開始しましたので、ご希望の方はぜひエントリーをお願いします。

昨年度のインターンシップでは、現役議員へ模擬会見 日本農業新聞の重要なフィールドの「農地」で取材体験
 昨年度のインターンシップでは、現役議員へ模擬会見    日本農業新聞の重要なフィールドの「農地」で取材体験

【内容】
・国会取材で記者体験
 日本農業新聞の主な取材分野の一つである国会で取材することができます。
 
・農家への取材で、農業の今に迫る
 当紙の主な読者層は農家。農家に役立つ情報は、常に現場にあります。農家への取材で農業の今に迫ります。
 
・現役デスクから取材・原稿執筆を学ぶ
 記者は取材する時にどのように情報を取っているのか、上手な話の聞き方や記事の書き方などを現役のデスクが説明します。
 
・原稿執筆にチャレンジ&取材記事を現役デスクがフィードバック
 取材した内容をもとに原稿を執筆します。書いた原稿は、現役デスクの厳しい目でチェックし、フィードバックいたします。
 
・日本農業新聞の多様な事業を理解する
 新聞社は「職種のデパート」。日本の農を応援するためにさまざまな事業を展開しています。広告や新聞普及はもちろん、インターネット戦略やJAの広報支援などについてご紹介します。

【実施日】
 2018年8月27日(月)~  29日(水)
 
【開催場所】
 株式会社日本農業新聞本社 および 取材先
 (本社所在地:〒102-8409 東京都千代田区一番町23-3)
 
【募集人数】
 15人
 
【募集期間】
 2018年6月18日(月)~  7月31日(火)
 
【応募資格】
 大学学部学科不問。大学3年生または大学院1年生が中心ですが、
 1994年4月2日以降生まれで在学中の方は応募できます。
 期間中、全日参加できる方に限ります。
 
【応募方法】
  エントリーシート(2枚)を下記よりダウンロードしてください。
  自筆で記入したエントリーシートを郵送にてお送りください。
 ・エントリーシート

【応募書類送付先】
 送付先:〒102-8409 東京都千代田区一番町23-3
      株式会社日本農業新聞 人事部インターンシップ担当 宛
 ※7月31日(火)必着
 
【待遇】
 報酬:なし
 交通費:打ち切り支給。遠方からお越しの場合、当社規定に基づき往復交通費支給。
 昼食:あり
 
【保険】
 参加決定後、大学生協等で提供している災害傷害保険、賠償責任保険に加入してください。
 
【参加決定後の必要書類】
 書類選考の後、受け入れ予定者には下記の書類2点をご提出いただく予定です。
 ・インターンシップ受け入れに関する覚書
 ・保険加入証明書
 
【問い合わせ】
 株式会社日本農業新聞
 人事部インターンシップ担当
 電話:03-6281-5804
 メールアドレス:jinji@agrinews.co.jp

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは