来年10月 消費増税 食品など軽減税率 景気対策検討を指示 首相

 安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、消費税率を来年10月に現行の8%から10%に予定通り引き上げると表明し、増税による景気後退を防ぐ対策の検討を指示した。軽減税率も同時に導入し、農産物をはじめ飲食料品(酒類と外食を除く)や新聞の消費税率は8%に据え置く。農家には、生産資材などの購入時の税負担増に加え、来年は、大型経済連携協定の発効で農業経営が圧迫される事態も想定されるだけに、万全な支援が求められる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは