基本計画 聴取始まる 平たん部の若手だけ選定 中山間含め幅広い声を 農政審企画部会

食料・農業・農村基本計画の見直しに向けて、農家から意見聴取を始めた農政審の企画部会(18日、東京都千代田区で)

 農水省の食料・農業・農村政策審議会の企画部会(部会長=大橋弘東京大学大学院教授)は18日、食料・農業・農村基本計画の見直しを見据え、農業者らへの意見聴取を始めた。審議会への諮問をせずに意見聴取を始める異例の対応。初回は平たん部の水田農業の若手経営者に課題を聞き取り、農地集積などに伴う担い手の負担軽減を求める声が相次いだ。ただ、聴取対象に中山間地域の農家はおらず、今後は規模の大小や地形条件を含め、多様で幅広い層からの意見聴取を求める意見が出た。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは