NHK朝の連ドラで脚光 北海道十勝産で商品続々 農高生の意見採用も

「ポテトチップス じゃがバター味」(カルビー提供)

「明治北海道十勝濃厚マイルドヨーグルト」(明治提供)

 菓子やパン、乳製品など、NHKの朝の連続テレビ小説「なつぞら」にちなんだ食品が相次ぎ登場した。各メーカーは、物語の舞台となる北海道十勝地方で作られた原料を使って商品化した。パッケージには、ドラマのロゴや地元の農業系高校生の意見を基にしたデザインをあしらい、PRする。

 カルビーは、十勝産のジャガイモを使ったポテトチップス2種を期間・数量限定で発売した。「ポテトチップス じゃがバター味」(55グラム・オープン価格)は、ジャガイモの味を濃厚なバターのこくが引き立てる。パッケージには、地元にある農業系の北海道士幌高校の生徒が出した意見を取り入れたデザインを採用。農高生を取り上げたドラマになぞらえた。

 明治は、「明治北海道十勝濃厚マイルドヨーグルト」(100グラム・119円)を販売する。独自の乳酸菌「十勝ミルク乳酸菌TM96」で丁寧に発酵させた。この他、4個パック入りの「明治北海道十勝ヨーグルト」と共にドラマのロゴを入れてPRする。「十勝を舞台にしたドラマを盛り上げたい」と同社。

 山崎製パンは、十勝産の小豆や牛乳を使用した「ホイップあんぱん(つぶあん)」(110グラム・参考価格124円)を販売。粒あんを軟らかいパン生地で包み、十勝産牛乳を使用した滑らかなホイップクリームを入れた。パッケージには、ドラマのロゴと関連イラストを印刷した。 
 

★農業高校生 応援プロジェクト『なつぞら』特設ページはこちら★

おすすめ記事

なつぞら関連の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは