放置土地 住民管理を 国交省提言 「個人活用」から転換 地域で対策話し合い

 国土交通省の国土管理専門員会は20日、人口減少や担い手不足を踏まえ、将来的に放置されることが予測される土地について、新たな管理の在り方の提言をまとめた。国が示す一定の基準を参考に、地域住民が話し合い、管理する土地と放置する土地を区分け。管理する土地は住民が協力して農産物を栽培するなど、使い道を自分たちで決める。国は個人による利活用を重視してきたが、地域による管理へと方針を転換する。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは