受け入れ先助言役 農家と施設を調整 農福連携 人材育成へ JAなど対象

 農水省は、「農福連携」を後押しするため、障害者を受け入れる農家に対し、適切な作業指示ができるよう助言する「農業版ジョブコーチ」と、農家と障害者就労施設をつなぐ「施設外就労コーディネーター」の育成に乗り出した。社会福祉法人やJAなどを対象に、農業と福祉、両方の実態が分かる人材を確保し、地域での農福連携の要としたい考え。全国でモデルを育成し、定着の足掛かりにする。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは