和牛子牛855万円 過去最高 大幅に更新 鳥取県中央市場

鳥取県中央家畜市場の過去最高値を付けた「みどりのこ3」(16日、鳥取県琴浦町で)

 鳥取県琴浦町の県中央家畜市場で16日に開かれた1月の和牛子牛せり市場で、雌「みどりのこ3」が同市場の過去最高値となる855万4700円を付けた。これまでの最高値561万円を大幅に更新。全国で人気の県基幹種雄牛「白鵬85の3」を父に持ち、父母ともに脂肪交雑育種価が県内トップクラスの「みどり」の実子に当たる。父と母の血統が共に注目を集めた。

 倉吉市の繁殖農家が出品した「みどりのこ3」は270日齢。血統は母の父が「安福久」、母の母の父が「白清85の3」。祖母「みどり」は脂肪交雑の推定育種価が雌牛で県内4位。「白鵬85の3」や「百合白清2」の母に当たる。

 「白鵬85の3」は、現場後代検定でロース芯面積72・2平方センチ、脂肪交雑(BMS)ナンバー9・6の成績を持つ。第11回全国和牛能力共進会の第7区肉牛群では1位に輝いた。産肉能力が高い牛として、全国から同市場に購買者が集まる。

 北海道豊頃町の武隈ブリーディングファームが「みどりのこ3」をせり落とした。同社は 受精卵生産を中心に、和牛子牛の繁殖事業を手掛ける。武隈英和社長は「能力の高い素晴らしい血統だ」と指摘。受精卵を採取し、道内和牛生産のレベルアップを図るという。

 同市場を運営するJA全農とっとりは「全国的に見ても最高値水準」とみる。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは