[あんぐる] 自慢の孫たちです 奥会津金山赤カボチャ (福島県金山町)

風通しの良い作業場に並んだ「奥会津金山赤カボチャ」。10日ほど熟成した後に出荷する(福島県金山町で)

 福島県の会津地方、新潟県境に位置する金山町。高齢化率県内1位の山深い農村が、特産のカボチャ作りで活気づいている。濃いオレンジ色が特徴で、その名は「奥会津金山赤カボチャ」。独特な食感は「高級な栗のよう」とも表現され、毎年、出荷分は全て完売するブランドカボチャだ。
 
 9月上旬、町内の廃校になった中学校を改装した作業場。鮮やかなオレンジ色の実が、緑色のシートの上にころころと並ぶ。出荷前に、カボチャを風通しの良い場所に置き、糖度や保存性を高める熟成作業の風景だ。

 カボチャは、地元農家でつくる「奥会津金山赤カボチャ生産者協議会」が手掛ける。メンバーは現在92人で、平均年齢は70歳を超える。

 町内で自家採種した種を育苗し、5月下旬に各自の畑に定植。8月中旬から約1カ月間で収穫する。皮が薄く傷つきやすいため、丁寧な管理が必要だが、大型の機械が不要で高齢者でも栽培できる。

 糖度や底部にある“へそ”の形の美しさなど、協議会で定めた厳しい基準を合格したものだけに、金色の合格シールを貼り出荷する。毎年、約1万6000個が県内のスーパーや道の駅などで販売される。

 

つり下げた状態で栽培中のカボチャ。底部には特徴的な大きなへそがある
 メンバーの押部清夫さん(70)は「今の10倍作っても足りないくらいだ」と人気ぶりを話す。

 東京都中央区にある同県のアンテナショップは毎年販売フェアを開く。来店した品川区の山内裕正さん(55)は「高級な栗のような食感で、煮ても揚げても何をしてもうまい。数年前に食べて感動して以来、毎年買っている」と購入していた。 この赤いカボチャが地域にいつ伝わったかは定かではないが、80年ほど前には既に栽培されていたという。

 2008年、他の地域では珍しい赤いカボチャを町の特産品にしようと農家が集まり協議会を結成。18年には特許庁の「地域団体商標」を取得するなどブランド化を進めてきた。

 協議会会長の青柳一二さん(75)は「高齢化が進む町だが、作った分だけしっかり売れるので、皆はやりがいを感じている」と話し、「毎日畑に通い、孫のように大事に世話をしてきたカボチャ。ぜひ味わってほしい」と笑顔を見せた。(富永健太郎)

おすすめ記事

あんぐるの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは