古都に思いはせ照らす 滋賀県甲賀市・宮町営農組合

ライトアップされるWCS(滋賀県甲賀市で)

 滋賀県甲賀市信楽町の農事組合法人宮町営農組合は10月下旬から11月下旬まで、宮町地区の農地で稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ=WCS)のライトアップをしている。同地区は、745年に聖武天皇によって都が建てられたとされており、今回は、その跡地にロール状に梱包(こんぽう)した状態のWCSを並べ、太陽光充電のライトで照らしている。

 同営農組合の黄瀬忠幸組合長は「WCSが主役のライトアップは珍しく、幻想的な雰囲気も相まって、注目を浴びている。『あれは何だろう』というところから、農業やこの地が都だったことに興味を持ってもらえればいい」と期待を込める。
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは