コンサル職員を育成 経営課題の解決へ 組合員に適切助言 滋賀中央会

最優秀賞となったJA東びわこの安居さん(右)(2日、大津市で)

 JA滋賀中央会は2020年度、農家組合員の経営上の課題を指摘してその解決策を提案するコンサルティング能力を備えたJA職員の育成に乗り出した。営農指導員などを対象に、講義や実習を織り交ぜた研修を実施。組合員の農業経営に関して適切な助言や指導ができる人材を育てる。中央会によると、こうした人材育成に県域で取り組むのはJAグループでは全国的に珍しい。
 
 これまで営農技術と比べ、農業経営に関して適切な助言や指導ができるJA職員の人数が限られていることが課題だった。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは