2カ月連続下げ 販売低調で伸び悩む 米穀機構2月調査

 米穀機構は、2月の米の小売価格を公表した。2018年産が中心の精米5キロ当たりの全銘柄平均価格は、前月比0・6%(12円)安の1987円となり、2カ月連続で下げた。15年産以降、上げ基調だった価格が弱含みに転じている。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは