17年木材産出額 16年ぶり2500億円超 製材用で国産需要 燃料用は41%増 背景にFIT 農水省

 木材生産の産出額(2017年)が01年以来、16年ぶりに2500億円を超えたことが農水省の調べで分かった。国産材需要の高まりなどを背景に製材用素材が増えたことに加え、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)によって木質バイオマス発電所が増え、発電燃料となる燃料用チップ素材の需要が高まったことも追い風となった。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは