全農が農泊事業化 農家支援やサイト運営

 JA全農の神出元一理事長は20日、東京・大手町のJAビルで講演し、農泊の支援を事業化する方針を明らかにした。農家の運営支援や予約サイトの立ち上げ、空き家の管理と農泊施設への改装などで一体的に後押しする。「コト消費」やインバウンド(訪日外国人)の需要を農村に取り込み、活性化につなげる。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは