「なつぞら」 北の酪農ヒストリー 第20回 「太田寛一の挑戦」(上)~極秘に乳業会社設立に奔走

NHK連続テレビ小説「なつぞら」場面写真 (C)NHK

  「なつぞら」では、農民資本の「十勝協同乳業」の設立が描かれました。協同組合の団結を正面から取り上げたドラマは稀有といえるでしょう。

 国の妨害に遭いながら、音問別農協の田辺政人(宇梶剛士)組合長と柴田剛男(藤木直人)専務らは、農協出資の乳業会社設立で十勝の農協組合長を一つにまとめ上げます。そして、十勝支庁に乗り込み、支庁長から賛意を取り付けました。

 田辺らが農協資本の乳業会社設立に奔走するのは、大手乳業に隷属的な関係を強いられ低乳価に苦しむ酪農家を救うためです。これは絵空事ではなく、実際にあった話を基にしています。

 

太田寛一社長2
太田寛一社長(よつ葉乳業提供)
 田辺は太田寛一・士幌町農協組合長(後にホクレン会長、全農会長)、十勝協同乳業は北海道協同乳業(よつ葉乳業の前身)がモデルと思われます。

  太田は1915(大正4)年、十勝の川西村(いまの帯広市川西町)に生まれました。小学校卒業時に十勝支庁長から表彰されるほど学業がずば抜けていました。しかし、家が貧しく進学を断念し、地元の産業組合(今の農協)に就職します。後に士幌村産業組合(士幌町農協の前身)にスカウトされました。

  ここで知り合った獣医師の秋間勇や飯島房芳(後の士幌町長)らと共に、太田は「産業組合運動で農村を豊かにしよう」と、精力的に仕事に励みました。太平洋戦争後、士幌村農協が設立されると常務に、1953(昭和28)年には37歳の若さで組合長に就任します。

  1956(昭和31)年9月、村内の全酪農家(323戸)に呼び掛け、全会一致で士幌村酪農振興協議会を設立、この組織を起爆剤に農協は生乳の「一元集荷多元販売」に踏み出します。今日の指定生乳生産者団体制度のモデルともいうべき試みで、画期的なものでした。

 当時、士幌村では雪印乳業、明治乳業、森永乳業、宝乳業などによる激烈な集乳競争が行われていました。親子で生乳の出荷先が違ったり、農家ごとに乳価差があったり、一家で複数の乳業に生乳を出荷するなど、混乱を極めていました。

 太田は、このいびつな生乳販売の問題を解決しなければ酪農発展はないと、酪農家の団結を促したのです。この結果、乳業と対等な取引が実現し、生乳検査も自ら行うようになり、乳業による検査のカラクリをつかむなど、大きな成果を挙げました。

 こうした協同に基づく事業展開の延長線上にあるのが、1967(昭和42)年の北海道協同乳業の設立です。

 太田は1966(昭和41)年、欧州の乳業事情を視察し、農民自ら乳製品工場を経営していることに驚きます。帰国後、極秘裏に十勝8農協による乳製品工場建設を進めます。ことが公になると、大手乳業の猛反対に遭うからです。

 乳業工場建設の実現までには、大きな障害がいくつも立ちはだかっていました。(続く)
(農政ジャーナリスト・神奈川透)
 
★農業高校生 応援プロジェクト『なつぞら』特設ページはこちら★

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは