農水関係20年度予算 輸出、「スマート」が柱 2兆7000億円見通す

 農水省は23日、2020年度農林水産関係予算の概算要求の重点事項を明らかにした。農林水産物・食品の輸出力強化と先端技術を活用した「スマート農業」の実現を柱に据える。諸外国の輸入規制に一元的に対応する司令塔組織の創設やスマート農業の実現に必要な技術開発と普及などの予算を重点的に要求。同省の要求総額は2兆7000億円程度となる見通し。概算要求書を8月末に財務省に提出する。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは