「グワキ!」 ホラーに柿PR JA和歌山県農

恐怖に満ちた表情の女の子のポスター。ハロウィーンに柿を売り込む

 柿の販売量日本一を誇るJA和歌山県農が、地元出身でホラー漫画の第一人者、楳図かずおさんがデザインしたポスターを活用し、ハロウィーン商戦に挑む。

 ポスターには、楳図さんの代表作「まことちゃん」の決めポーズ「グワシ」と「柿」にかけ、「グワキ !! 」と言葉を発する女の子が描かれている。笑顔と恐怖に満ちた表情の2種類がある。他にもインターネット交流サイト(SNS)での人気ユーチューバーの起用や、POP(店内広告)などの販促資材で栄養機能食品表示をPRする。

 同県の柿生産量(8月22日現在)は前年比16%増の3万4930トン。作柄は良好だ。県農の梶本毅樹理事長は「ラグビーや五輪で世界が注目するこの機会に、和歌山の柿をPRしたい」と話す。

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは