朝ドラで話題 FFJの歌 農高生「歌い継ぐ」 作詞者・故吉澤義之さんの地元 栃木県

「FFJの歌」を練習する農業クラブの役員(宇都宮白楊高校提供)

 NHKの連続テレビ小説「なつぞら」で、広瀬すずさんが演じる「なつ」たちが歌い話題となった日本学校農業クラブ連盟(FFJ)の連盟歌「FFJの歌」。その作詞者が栃木県の出身者であることが再認識され、県内の農高生は今後もしっかり歌い継いでいく決意を固めている。

 作詞した吉澤義之さんはさくら市(旧喜連川町)の農家の出身。県外に就職し電気機器メーカーで働く傍ら、趣味の作詞に取り組み、出身校の金鹿小学校や上江川中学校の校歌も手掛けた。

 1951年、「FFJの歌」の募集に応募して採用された。当時の資料には、「作詞者のことば」として「土を愛し土に生きる若人の情熱、クラブ活動の基となる自主独立の意欲、智行合一の精神、明日の農村を背負って立つクラブ員の理想と希望」などを織り込んだと記されている。

 サラリーマン生活後、故郷に戻った吉澤さんは、今年2月、90歳で亡くなった。農業を継いだ、おいの吉澤健男さん(65)は、宇都宮農業高校(現宇都宮白楊高校)の卒業生。「FFJの歌は校内でいつも歌われており、おじさんをとても誇らしく思った」という。

 農高生のなつが歌うシーンを見て、「おじが詩に込めた思いが伝わっているのだと感激した」と健男さん。「もう少し長生きしてくれていたら、自分が書いた歌が全国に広がっている様子を見ることができたのに」と残念がる。

 20日には同校で、県内農業高校の現役の農業クラブ役員が集まる研修会があった。同校の橋本智農場長が約70年間全国の農高生に歌い継がれてきたことを紹介。出席者全員で歌う練習をした。生徒は「ふるさとの先輩が作ってくれた歌をしっかり歌い継いでいきたい」と話した。(とちぎ)
 

1700人歌でつなぐMV動画好評


 NHK札幌放送局が作成した「FFJの歌」の歌唱動画をつなぎ合わせたミュージックビデオ(MV)「みんなでつくるFFJの歌」が好評だ。MVには主人公を演じる広瀬すずさんも登場する。

 「なつぞら」でFFJの歌が披露されると全国から「懐かしい」、「歌を通じて農業に興味を持った」といった声が相次ぎ反響が大きかったことから、MVを作成。応募した全国の自治体や農高生、FFJ関係者ら1707人が参加した。

 MVはNHK札幌放送局の特設サイトで10月まで視聴可能だ。NHKは「酪農家や農業を頑張る人の熱い思いが伝わってほしい」と話す。
 

おすすめ記事

なつぞら関連の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは