9月農作業事故32件 うち10件がコンバイン 農水省

 農水省は9月の農作業死傷事故の発生状況を公表した。都道府県や農機具販売店などから32件の報告があり、このうち10件はコンバインによる事故。転落・転倒で4人が亡くなっている。「移動・走行中の転落・転倒事故が最も多く、運転者は後方も含め、周りの安全を十分に確認し、作業を行う必要がある」と注意を促している。

 9月に発生した農作業死傷事故32件のうち、29件が農機関連作業での事故だった。コンバイン10件の他、乗用型トラクターが5件、歩行型トラクターが5件、農用運搬車4件などとなっている。

 コンバインなどの収穫機械の作業では巻き込まれの事故も多いことから同省では、詰まり除去の際にはエンジンを切る、巻き込まれづらい服装にする、などの事故防止対策を心掛けるよう勧めている。

 今年は各地で熊による人身事故が例年以上に起きていることから、熊が出没する地域での農作業には、不慮の遭遇に注意するよう、併せて呼び掛けている。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは