11月22日、「いい夫婦の日」になると思い出す光景がある

 11月22日、「いい夫婦の日」になると思い出す光景がある。おそろいの赤いシャツを着て肩を寄せ合う老夫婦の後ろ姿である▼30年近く前、結婚間もない頃だった。ある遊覧船のデッキで見掛けた。上り坂、下り坂、それに“まさか”もあったかもしれない。幾星霜を経てなお恋人同士のような2人に、50年後もこうありたいと思った▼〈コロナ禍で 夫婦の絆 試される〉。今年度の「いい夫婦 川柳コンテスト」の大賞作品である。試されているのは、外出自粛中の夫婦の忍耐ではあるまい。相手にうつさないよう、感染防止に互いに努める思いやりの心を詠んだに違いない。昨年の「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた俳優の高橋英樹さんも、妻の美恵子さんとの夫婦円満の秘訣(ひけつ)を「相手の気持ちを考えること」と話していた▼ミステリー作家の内田康夫さんの歌に〈妻が踏む枯れ葉の音の心地よく秋の終わりに言うこともなし〉がある。妻の早坂真紀さんとの共著『愛と別れ 夫婦短歌』(短歌研究社)に収められている。脳梗塞で闘病生活を送っていた内田さんは、この歌を作った翌春、83歳で亡くなった。どれだけの時を経ても、妻と過ごす時間がいとおしかったのだろう▼きょうは小雪。自然と肩を寄せ合いたくなる季節が巡ってきた。

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは