窒素多いヘアリーベッチ+炭素多いライ麦を混播 大豆増収と地力増強 富山県農林水産総合技術センター

草丈が高いライ麦と低いヘアリーベッチを混播した畑(富山県農林水産総合技術センター提供)

 富山県農林水産総合技術センターは、緑肥のヘアリーベッチとライ麦のすき込みで、大豆の収量確保と地力の向上を両立する技術を開発した。窒素を多く含むヘアリーベッチと、炭素を多く含むライ麦の混播(こんぱ)で、大豆の収量を1割程度増やし、地力も維持。緑肥2種の最適な播種(はしゅ)量を明らかにした。水田から大豆への転作による地力の減耗に有効とする。

 富山県で大豆は重要な転作作物だが、大豆の作付けによる地力窒素の減耗などで、収量の低下が課題となっている……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは