高齢農家の梨運搬を支援 農業用にロボ改良へ 山口東京理科大や県など

運搬支援ロボットの試験走行(東京貿易マシナリー提供)

 東京貿易マシナリーと山口県農林総合技術センター、山陽小野田市立山口東京理科大学は、運搬支援ロボットによる梨栽培の効率化と軽労化に向けた共同研究契約を締結した。収穫した果実や肥料、剪定(せんてい)枝などをロボットに載せて運び、作業者の負担を軽減する。スマート農業の導入で、高齢化が進む地域の安定経営を目指す。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは