和子牛せり 名簿にゲノム育種価 能力判断の新指標 群馬・渋川市場

ゲノミック育種価が表示された和牛子牛の取引(9日、群馬県渋川市で)

 和牛子牛を取引する群馬県の渋川家畜市場で9日、せり名簿への「ゲノミック育種価」の表記が始まった。血統や体格などに加え、子牛の能力を判断する新たな指標として提示し、評価向上や取引の活性化につなげる。分析を担う家畜改良事業団によると、ゲノミック育種価をせり名簿に記載するのは全国初の試み。(斯波希)

 ゲノミック育種価は、和牛の能力をゲノム(遺伝子)の違いで評価する。
 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは