集送乳調整金5銭上げ 畜酪対策 増頭へ関連事業拡充

 政府・自民党は11日、2020年度畜産・酪農対策を決めた。焦点の加工原料乳生産者補給金は、1キロ当たり8円31銭で19年度と同額に据え置き、輸送コストの上昇を受け、集送乳調整金は同5銭上げの2円54銭とした。合計も同5銭増の10円85銭で決着。増頭といった生産基盤の強化などに向け、農畜産業振興機構(ALIC)事業の関連対策も同25億円増の320億6000万円に拡充した。

 主に北海道向けの補給金は、加工に仕向けた量に応じて支払う。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは