[新型コロナ] 仲間さんと運動不足解消 JA共済連動画を制作 「レインボー体操」公開

レインボー体操にチャレンジする女優の仲間さん

 JA共済連は28日、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、運動不足が懸念される中、女優の仲間由紀恵さんが出演し、「レインボー体操」を学べる動画を公開した。仲間さんが室内で体操に挑戦する様子を中心に、一緒に体操する全国の農家や高校生らと風景を映し出し、健康や人とのつながりの大切さを伝える。

 レインボー体操は、座ったままできる血液の流れをよくする体操。共済連の研修などにも取り入れられ、取り組むJA女性部も多い。運動不足による「在宅エコノミー症候群」などが懸念される中、体操を活用してもらおうと動画を制作した。

 動画は、仲間さんがビデオ通話をしながら体操する様子で始まる。その後、全国各地から、自宅にいる親子や農地にいる農家らが体操しながら健康や絆への思いを語る。体操を考案した二村ヤソ子さんも登場する。

 動画は約4分20秒。今回の動画は感染リスクを下げるため、ビデオ通話などを使ったリモート形式で撮影した。そのメーキング動画も公開している。動画はJA共済のホームページから見られる。

 共済連は「離れて会えなくても同じ体操をして互いの健康を思いやってほしい。JAのライフアドバイザー(LA)にも活用してもらい、組合員や地域への貢献につなげたい」としている。
 

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは