ブルーベリージャム 群馬県南牧村

ブルーベリージャム

 群馬県南牧村の住民から成る南牧ブルーベリー生産組合が製造・販売する果実100%のジャム。約20年間続く人気商品だ。

 原料となるブルーベリーは、熟したものを1粒ずつ収穫し、一晩冷凍する。これらに、グラニュー糖とレモン果汁を加えて、じっくり煮込んでジャムに仕上げる。1瓶(200グラム)を作るのに、生果約300グラムを使う。水を加えないため、濃厚で甘酸っぱい風味が楽しめる。

 ジャムは、トーストに塗ったり、無糖ヨーグルトに入れたりして食べると、おいしさが際立つ。価格は1瓶(200グラム)600円、同村にある「道の駅オアシスなんもく」や、東京・銀座のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」などで販売している。問い合わせは同生産組合、(電)0274(87)3008。
 

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは