消費者・生産者向け情報 分かりやすく整理 ホームページ刷新 全農

生産者やJA向け情報を掲載するページ

 JA全農は27日、ホームページを全面リニューアルしたと発表した。食や農泊、スポーツ支援などを発信する消費者向けのページと、生産支援など農家向けのページを分かりやすく整理。産地、消費者それぞれに情報を発信する。

 全農のホームページの全面リニューアルは7年ぶり。スマートフォンにも対応した。トップページから、消費者向けと生産者・JA向け、それぞれのページに入れるようにした。消費者向けのコーナーでは、JAタウンなどの通販の他、農泊や食のイベント情報、卓球やカーリングといった全農の支援するスポーツ情報を集約した。

 生産者・JA向けのページでは、生産コスト低減技術や、農業生産工程管理(GAP)取得、労働力支援などを紹介。肥料・農薬情報、土壌診断など経営や生産の情報をまとめた。全農の事業内容についても図を使い分かりやすく説明した。

 全農広報・調査部は「農泊など農業の新しい魅力も盛り込み、幅広い世代に見てもらえるよう工夫した。全農のことを知ってもらいながら国産の良さもPRし、農業振興につなげたい」と期待する。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは