熟練猟師が担い手育成 ペーパー狩猟者に同行 環境省、制度化へ

 環境省は、狩猟の担い手不足の改善を狙い、2021年度から「狩猟インストラクター制度」の構築に乗り出す。有害鳥獣としての捕獲数の増加や人や農作物への被害に歯止めがかからない中、熟練者が現場に同行して経験や技術を教える仕組みを想定。鳥獣害管理に携わる人材育成に向けて、複数県で試行後、全国規模の制度として展開する方針だ。

 同省によると全国の狩猟者免許所持者数は16年時点で20万人。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは