JA運営に准組の声を 実践の年 懇談会、総代選出広がる

准組合員の意見を反映する方法を話し合うJAこうかの職員(滋賀県甲賀市で)

 JAの事業や運営に准組合員の声を反映する取り組みが広がってきた。懇談会や全戸訪問、総代選出など、JAごとに多様な方法を展開。集まった要望は事業計画に盛り込むなどして実現する。JAグループは2021年度を意思反映の“実践の年”とし、取り組みを加速させる。

 水稲を中心とした農業が盛んな滋賀県のJAこうかでは、19年に運営参画を進めるための方針を定め、「准組合員懇談会」を開始。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは