「なつぞら」 北の酪農ヒストリー 第10回「黒船」が伝えた牛乳~80年かけて庶民の飲み物に 

NHK連続テレビ小説「なつぞら」場面写真 (C)NHK

 北海道・十勝の酪農を描く「なつぞら」は、太平洋戦争終戦後の1945(昭和20)年以降の時代を舞台にした物語ですが、日本で牛乳が飲まれるようになったのは、それよりも80年以上前のことです。

 きっかけはペリー来航による開国でした。日米修好通商条約が締結され、多くの外国人が横浜に住むようになり、牛や豚を持ち込み繁殖して牛乳乳製品や畜肉を食用に供しました。江戸時代の日本人には畜産物を食べる習慣がなく「けがれる」として嫌いましたが、やがて明治天皇が牛乳牛肉を食されたとの報道や、栄養価の高さへの理解から徐々に受け入れられていきました。

 牛乳の生産は明治の初期に、外国人から畜産技術を教えられた日本人が、東京の中心部(現在の中央区、千代田区の一帯)で牛乳搾取業と呼ばれた牧場を開設して始まりました。背景には国策としての畜産振興がありました。「富国強兵」のために、食事の改善を通じて体格・体力に優れる国民を、多く育てる必要があったのです。中心になって進めたのは維新三傑の一人、大久保利通です。

 当時の牛乳の値段は比較的高価でした。180ミリリットルで5銭との記録があります。米1升(約1.5キロ)が5.5銭で、ほぼ同じ値段です。現代の米1升の値段(例えば500円)と比べると理解できます。

 高価で希少な牛乳は、普及のために次のように宣伝されました。「牛乳の効能は牛肉よりもさらに大きく、身体の弱い人にはぴったりで万病に効く薬と言えます。病に用いるだけでなく、外国では毎日飲むのはもちろん、チーズやバターとして食べており、日本の鰹節と同じです」(現代語訳)

 畜産物になじみがなく、タンパク質の少ない時代でしたから、牛乳は栄養不足を補い抵抗力を高めたと考えられます。このように当初は滋養強壮のため、あるいは赤ちゃんの哺乳のための消費が多かったようです。

 その後、牛乳の普及は徐々に進み、明治期には数万トンだった生乳生産量は、なつが高校生となった1955(昭和30)年には100万トンとなりました。この頃の牛乳の値段は180ミリリットルで13~15円ですが、同様に米1升の値段98円と比べると、80数年をかけて現代並みの買いやすい価格になったことが判ります。(東北森永乳業株式会社 常務取締役・百木薫)
 
★農業高校生 応援プロジェクト『なつぞら』特設ページはこちら★

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは