多収米生産2割増 19年産 業務用安定供給へ

 業務用向けの多収性品種米の生産が拡大している。農水省の農産物検査数量を基に日本農業新聞が集計したところ、2019年産の主な多収性品種の生産量は7万トンを超え、前年から2割増えた。業務用で値頃な価格帯のニーズが高まる中、産地がJA全農や流通業者と連携して増産を進めている。多収性と良食味を兼ね備えた品種の登場も後押しする。(玉井理美)……
 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは