[千葉・JAちばみどり移動編集局] 赤ピーマンPR 若き感性きらり 地元高校生がポスター制作

県立匝瑳高校美術部が完成させたポスター。伊藤さんが赤ピーマンの収穫に励んでいた(千葉県匝瑳市で)

 千葉県のJAちばみどりそうさ施設園芸部ピーマン部会は、地元の県立匝瑳高校美術部と連携し特産の赤ピーマンのPRに力を注ぐ。9月には、同校に依頼し栄養成分やレシピを紹介したポスターが完成。出荷箱に添えたり、スーパーのPOP(店内広告)に活用したりしている。

 部会は2019年度から3年間、県地域ブランド化推進事業を使ってポスター制作や栄養成分などを研究。赤ピーマンの糖度はスイカやパパイアとほぼ同じ10・2、ビタミンCはレモンの2倍など成分の高さを確かめた。

 ポスターは2種類を制作した。赤ピーマンのキャラクター「あっぴいちゃん」が生でも食べやすい甘味やビタミンCの豊富さをPRし、赤ピーマンを使ったスムージー、豚バラ巻きなどのレシピを紹介している。

 生産者10戸が2・5ヘクタールで7~12月に約76トンを生産する。通常のピーマンは開花から約25日で収穫するが、赤ピーマンは約60日かける。出荷先は主に東京の大田・豊洲市場で、地の利を生かし樹上完熟に近い状態で収穫している。生で食べるとリンゴのような甘味で果肉が薄く、中華料理店などから好まれるという。

 生産者の伊藤昌美さん(57)は「赤ピーマンは地元の子どもにはなじみのある野菜。高校生も快くポスター制作を引き受けてくれた」と連携に手応えを感じている。「小売店向けの個包装もデザインしてもらいPRを強化したい」と期待する。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは