スマート農業実装重点目標に掲げる 土地改良長期計画 中間まとめ案

 農水省は、土地改良事業の今後5年の指針となる新たな土地改良長期計画の中間取りまとめ案を示した。重点目標を設定し、生産基盤強化に向けたスマート農業の実装の加速化を新たに位置付けた。達成に向け、自動走行農機が効率的に作業可能な農地の区画や規模の整備などを推進する。頻発化する災害に対応するため、防災重点ため池の防災工事の推進なども盛り込んだ。

次ページに中間とりまとめの重点目標(表)があります。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは