ミカン900キロ盗難 収穫直前、ほぼ全量被害 三重

盗難に遭ったミカン園。収穫済みだった一部を除き、ほぼ全量が被害に遭った(三重県御浜町で=御浜町役場提供)

 三重県御浜町で、収穫間近だった早生温州ミカン約900キロ(約36万円相当)が盗まれた。同町では前例のない大量盗難で、被害に遭った農家は警察に被害届を出すとともに、町や地元のJA伊勢は農家に注意を呼び掛けている。

 被害が判明したのは23日。農家が収穫に出向いたところ、60アールの園地にあったミカンが収穫済みの物を除き、ほぼ全量がなくなっていた。被害前に最後に園地を訪れた15日には異常がなく、犯人が切り落とした葉の状況などから、犯行は20日ごろとみられる。

 盗まれたミカンは、収穫時に入れるコンテナで約50箱相当。収穫に慣れた人で1日に収穫できる量は20~25箱にとどまることや、軽トラック1台に載せられる量を上回ることから、地元では複数犯ではないかとの見方もある。

 町は24日から防災行政無線を使い、事件の発生と注意を促す放送をした。JAも農家に対し、園地の見回りなどで警戒を強めるよう呼び掛けている。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは