農業男子×総選挙 広告効果は1億円超え JA東京グループ

広告換算額1億円を突破したJA東京グループの「農業男子×総選挙」

 JA東京グループは1日、10月から展開する「農業男子×総選挙」の広告換算額が1億円を超えたことを明らかにした。JA全中広報部が試算した。この企画は、都内のJAごとに選出した若手農家14人から東京農業をPRする「広報大使」を決めるもの。全中によると、一つの県域単位が企画した広報活動では例を見ない規模の広告効果だという。
 

マスコミ活用 全中が支援


 広告換算額とは、テレビの放送時間や新聞の掲載記事の面積などから同規模の広告を出稿した場合の費用を試算するもの……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは