[未来人材] 30歳。四季美しい地に移住 宿泊施設経営も目標に 多様な人働ける場へ 山形県長井市 寺嶋崇さん

ワサビ菜の管理をする寺嶋さん(山形県長井市で)

 山形県長井市の寺嶋崇さん(30)は、トマトとワサビ菜を栽培する埼玉県所沢市からの移住者だ。縁故がない土地だったが、自分の考える条件に合致したため移住を決意。体験型宿泊施設の建設と、将来的には障害者も含めた従業員の雇用を目標にする。

 寺嶋さんは、大学在学中から大手アパレル販売店でアルバイトとして働き、後に社員に登用された。しかし、激務による体調不良もあり退職。大学への再入学や公務員試験の勉強などさまざまなことを検討したが「やりたいことをやろう」と考えた時、接客をもう一度したいことに気付いた。さらに旅行が好きなことから、宿泊施設の経営を目指した。

 まず農業を選んだのは、宿泊施設の経営を始める際に特色を出せると考えたからだ。

 移住先を見つけるために東京都内で開かれていた農業人フェアに4、5回通った。移住先は米がおいしく、季節の移ろいを感じられる場所を条件にした。「イベントで一番最初に声を掛けられた所に行こう」と決め、声を掛けてきたのが長井市の担当者だった。同市の新規就農者向けの助成が手厚いことも決め手の一つになった。

 寺嶋さんは2017年に移住し、約1年間市内の農家の下で研修を受け、その後就農。現在は地元の空いたハウスを借りてトマトとワサビ菜を15アールずつ栽培する。地元のJA山形おきたまや市場、直売所に出荷している。

 短期的には21年度の年商目標を1000万円に設定して、トマトを軸に他の品目の展開を計画。長期的には体験型の宿泊施設の経営を見据えて、宿で使う食材を自ら供給するために規模拡大や多品目化を目指し、法人化も視野に入れる。宿泊施設は「かやぶき屋根で、体験型の昔ながらの古民家風」など、理想は膨らむ。

 「雇用」することも目標にする。雇用される人が安心できる環境を整えるだけでなく、自身のように体調を崩した人や障害がある人を雇用したいと考えている。

 寺嶋さんは「雇用などを通じて市に還元していきたい」と力を込める。
 

農のひととき


 季節感を感じられる風景を見ることが好きだ。特に5月ごろに見られる飯豊山に雪がかぶっている風景が、一番のお気に入り。

 飯豊山は山形と福島、新潟の県境にあり、遠くに見える。首都圏にいる人が、富士山を見た時に抱く感想と似ている。飯豊山は近所の人の田植えを手伝っている時に見ている。風景の美しさに手が止まってしまう。
 

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは