【速報】福井県の養豚場で豚コレラ 37例目

 農水省は12日、福井県越前市の養豚場で、同県2例目となる豚コレラが発生したと発表した。国内37例目。県が11日に農場から豚の異常報告を受けて立ち入り検査し、精密検査の結果、疑似患畜と判明した。615頭を殺処分する。
 県内の養豚場では7月29日、同市で初発生。岐阜、愛知、三重に続く4県目で、国内34例目、北陸で初の発生だった。
 37例目となった養豚場は34例目から半径3キロ以内の移動制限区域内にあり、陽性イノシシ確認地点から10キロ以内の監視対象農場となっていた。同省によると、今回の発生農場から10キロ以内に他の養豚場はない。
 

おすすめ記事

速報の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは