[未来人材] 27歳。タマネギ新技術を積極的に導入 農業を魅力的“3K”に 吉村諄郎さん 北海道湧別町

タマネギの直播栽培に挑戦する吉村さん(北海道湧別町で)

 北海道湧別町の吉村諄郎さん(27)は、農業の新たな3Kを提唱する。「きつい」「汚い」「危険」などといった従来のマイナスイメージを「かっこいい」「金持ち」「簡略化」といったプラスイメージに転換し、魅力的な職業にしようと日々奮闘する。所得アップや省力化を目指し、タマネギの直播(ちょくは)栽培など、新たな技術に挑戦する。

 道内の農業大学校を卒業した後、畑作を営む実家に就農し6年目。実家ではタマネギ10ヘクタールや小麦、テンサイ、ブロッコリーなど計17ヘクタールを手掛け、経営者の父と、母と共に管理する。現在は農作業全般を担いながら、日々ノウハウを学ぶ。

 幼い頃から農作業を手伝ってきた吉村さん。今では楽しさや魅力を感じるが、就農前は仕事のきつさや地味なことが目に付いた。

 タマネギを保管する鉄コンテナの組み立てでは、1枚20キロほどの鉄枠を持ち上げ、多い時には1日数十個を作成。収穫したタマネギの選別作業は立ちっ放しだった。吉村さんは「体力、集中力とも今ほどなく、単純作業の繰り返しを辛く感じ、農業はきつい産業と思うことがあった」と振り返る。

 転機は農大校時代。道内各地の後継者と共に学び、さまざまな経営スタイルを知った。「畑作の後継者同士で、どんな品目構成がもうかるか話して盛り上がった。畑作業も機械が中心で、あまりきつさを感じなくなった」と心境の変化を語る。

 就農後は、町青年団体協議会の活動にも参加し、同年代の異業種の仲間もできた。そこで感じたのは農業は他の産業にない魅力があるということだった。「毎日乗るトラクターは1台何千万円もする。自動車で例えれば高級車と同じくらい」と指摘する。さらに「計画を立て、天気や生育状況を見ながら作業を見極め、トラブルがあれば柔軟に対応する。そして確実に利益を上げて結果を出す」と、農業への魅力も感じるようになった。

 “新たな3K”を体現しようと、栽培方法も模索する。収益性向上と省力化に向け、排水性改善やタマネギの直播を実践。育苗を省力化できる直播は地元の上湧別4Hクラブに入り、情報交換しながら進める。

 吉村さんは「どんな3Kでもいい。今の農業はかっこいいということを広めたい」と強調した。(川崎勇)

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは