20年産主食用米 適正生産708~717万トン 転作後押し課題 農水省

 農水省は20日、2020年産の主食用米の適正生産量を708万~717万トンと決めた。米の消費減を踏まえ、前年産の適正生産量(718万~726万トン)から約10万トン減らした。需給安定には、今年以上の大幅な転作が不可欠。国産需要が大きい麦や大豆、飼料用米の着実な作付拡大に向けて、国と自治体、産地を挙げた推進ができるかが問われている。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは