九州南部きょう大雨 西日本~東北「警報級」

 気象庁は7日、停滞した梅雨前線が8日夜にかけて九州南部に南下するため、南部では再び大雨になる見込みがあるとして厳重な警戒を呼び掛けた。九州北部でもこれまでの記録的な大雨で土砂災害や洪水の危険度が高い状態が続く。九州だけでなく、西日本から東北まで広い範囲で8日は警報級の大雨になり、同庁は全国的に土砂崩れなどに注意を促している。同庁によると、8日夜にかけて九州南部では再び大雨になる見込み。河川の氾濫など、厳重な警戒が必要だ。

 全国的にも8日いっぱい警報級の雨が続く。8日午後6時までの24時間雨量は多い所で九州南部、四国、東海地方で250ミリ、九州北部、近畿、関東甲信地方で200ミリ、中国、北陸地方で150ミリ、東北地方で100ミリの予想。9日以降も、前線は本州付近に停滞する見通しでまとまった雨が降り続く恐れがある。

 また同庁は7日、福岡・佐賀・長崎県に発令した大雨特別警報を警報に切り替えた。台風や集中豪雨により3時間、48時間雨量が「数十年に一度」の基準を超え、その状況が続くという大雨特別警報の発表条件を脱したため。同庁は「解除ではなく警報への切り替えで、危険な状態は続いている。身の安全の確保をお願いしたい」と呼び掛けた。

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは