豚解体か4人逮捕 部屋に大量の肉塊 群馬

 北関東を中心に相次ぐ家畜や果実の盗難事件に関連し、群馬県警は28日までに、ベトナム国籍の外国人技能実習生の男4人をと畜場法違反容疑で逮捕した。うち1人が今月上旬に同県太田市の畑からウリを盗んだ窃盗容疑で農家に現行犯逮捕され、居住する市内のアパートから大量の豚肉塊が見つかり、豚を解体していたことを認めた。県警は、一連の農畜産物窃盗事件に関与したとみて、豚の入手先を調べている。

 県警生活環境課によると、4人は県警が26日に入管難民法違反(不法滞在など)の疑いで逮捕したベトナム国籍の13人とは別だ。13人が共同生活をしていた貸家からは動物の肉塊や首のない鶏30羽も見つかっており、農畜産物盗難の捜査過程で県警が逮捕したベトナム人は合わせて17人となった。
 

違法な家畜解体で逮捕 大掛かりな窃盗団か


 群馬県を中心に続発する農畜産物盗難の捜査が大きく動きだした。群馬県警がベトナム国籍の4人について、豚を許可なく自宅で解体したと畜場法違反容疑で逮捕した端緒は、うち1人が畑からウリを盗んだところを農家の男性が見つけ、窃盗容疑で現行犯逮捕(常人逮捕)したことだった。県警は大掛かりな広域窃盗団が暗躍しているとみて、全容解明を目指す。

 県警生活環境課によると、と畜場法違反容疑で逮捕されたのはカオ・スワン・トゥイン(27)、グエン・バン・ゴック(32)、チャン・ビエット・ハオ(22)、グエン・ズン・ホップ(32)の4容疑者。

 このうちトゥイン容疑者は10月4日午前、太田市内の畑からウリ5個(500円相当)を盗んだところを農家の男性が発見。男性は自転車の籠に入れて逃げるトゥイン容疑者を取り押さえ、太田署員に引き渡した。カオ容疑者は謝れば許してもらえると思っていたという。

 県警は、トゥイン容疑者のアパートから14点の豚肉塊や牛刀、包丁など発見。豚を解体していたとの供述などから、同じ部屋で暮らしていたゴック容疑者ら3人と共に、食用の家畜解体は許可された場所で行うことを定めたと畜場法違反の疑いで逮捕した。

 4人は外国人技能実習生の資格で入国。群馬県東部の工場従業員だという。
 

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは