畜酪対策 来週ヤマ場 酪農家族経営 離農止まらず 生産基盤強化こそ 北海道

牛に餌を与える高橋喜一さん(北海道清水町で)

 2021年度の畜産・酪農対策を巡る政府・与党の協議が来週、ヤマ場を迎える。全国の生乳生産の過半を占める北海道では規模拡大が進む一方で、家族経営の酪農家の離農が止まらない。酪農家戸数は過去5年で1割以上も減少。現場からは加工原料乳生産者補給金と集送乳調整金を合わせた単価水準の維持や、基盤強化策の充実を求める声が上がっている。(望月悠希)
 

資材費高騰


 酪農地帯、北海道清水町。妻や両親と乳牛165頭を飼育する3代目の酪農家、高橋喜一さん(40)は今年、牛舎を新築した。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは