恵方巻きに黒毛和牛 コンビニ各社が予約受付

左から=「黒毛和牛恵方巻」(ファミリーマート提供) 、「黒毛和牛のビビンバ恵方巻」(セブン―イレブン・ジャパン提供)、「なだ万監修 黒毛和牛香味焼の恵方巻」(ローソン提供)

 節分に向けた恵方巻きの予約受け付けをコンビニ各社で展開している。新型コロナウイルス禍で自宅需要が高まる中、黒毛和牛などを使い家族で楽しめる具材やミニサイズをそろえる。アプリを活用する事前予約を強化し、フードロスの削減も目指す。

 ファミリーマートは、嗜好(しこう)の多様性に対応した具材や食べやすいミニサイズを用意し家族で楽しめる節分をアピールする。「黒毛和牛恵方巻」(650円)は、炭火で焼いた黒毛和牛を使う。この他、定番の恵方巻きでは、子どもでも食べやすいミニサイズを用意。スマホアプリを活用した予約を受け付ける。

 セブン―イレブン・ジャパンは、自宅需要で定番の具材の他に今年初めて黒毛和牛を使った商品を用意する。「黒毛和牛のビビンバ恵方巻」(398円・税別)は、肉のうま味が味わえる黒毛和牛を使い、ナムルと合わせたボリューム感が特徴。予約受付期間を昨年より長くして予約販促する。

 ローソンは、「なだ万監修 黒毛和牛香味焼の恵方巻」(1280円)を数量限定で売り込む。

黒毛和牛を香ばしく焼き上げ、香味野菜を使った特製だれを使う。予約特典を用意し対応する。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは