乳牛預託事業を強化 来年度から 施設改修費など補助 農水省

 農水省は乳用後継牛を増やすため、酪農家の代わりに子牛を育てる預託事業の支援を2018年度から強化する。酪農家から子牛を預かる牧場が、施設の改修や機械を導入する際の費用を補助し、牛の受け入れ体制を充実させる。一方、酪農家が牛を預けやすくなるよう、遠隔地の牧場に牛を運ぶ場合の費用負担を軽減する措置も設ける。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは