20%増の776億円 4月伸び継続が課題 農林水産物食品輸出

 4月の農林水産物・食品の輸出額は、前年同月比20%(128億円)増の776億円となったことが農水省のまとめで分かった。農産物はアジア向けが好調だった牛肉を中心に1割超増えたが、前月の伸び幅からは、やや鈍化。水産物の好調が追い風となった。前年同月は減少に転じていたが今回は増加が続いており、政府目標の達成に向けて、今の傾向をどう維持、拡大するかが課題となる。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは