水田フル活用 万全に 19年度米対策 業務・輸出向け対応 全中

 JA全中は、2019年度の水田農業対策に関するJAグループの基本的な考え方をまとめた。米の需給安定に向け、水田活用の直接支払交付金など「水田フル活用に向けた万全な支援が必要」(中家徹会長)として、その確保を最重要課題とする。業務用・輸出用といった用途別の需要に応じた生産のため、需給見通しの情報提供や、多収性品種・低コスト生産への政策支援の必要性も挙げた。19年度予算概算要求などに反映を目指す。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは