農福連携で新JAS 障害者関与 見える化 農水省

 農水省は、障害者が作った農産物や、その加工品について定める新たな日本農林規格(JAS)案をまとめた。障害者が収穫などの作業に携わった農産物を「ノウフク生鮮食品」、その加工品を「ノウフク加工食品」とする。障害者が生産過程に携わった作業時間の割合を表示するなどの規定を盛り込んだ。新規格は年明け以降に始まる見通しだ。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは