直売所から絆づくり アクティブ・メンバー育成 ポイント会員半年で4万超 地域住民に事業浸透 JAふくしま未来

ポイントカードを提示して買い物をする利用客(福島市のJA直売所「ここら矢野目店」で)

 福島県のJAふくしま未来は、直売所を拠点にした准組合員や地域住民との絆の強化で成果を上げている。信用・共済など、JAの複数事業の利用に応じて獲得率が高まるポイントカードでJAの総合事業への理解を促し、JAの事業や活動に積極的に参画する「アクティブ・メンバー」につなげることが目的だ。導入から半年で4万人超が加入し、売上高も伸びている。
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは