[活写] 小さくても─ 「SUGOI」んです

JA津軽みらいなどが開発した輸出向け小玉リンゴの専用パッケージ。現地でそのまま売り場に並べられる(青森県黒石市で)

 青森県のJA津軽みらいなどが、東南アジアなどに輸出する小玉リンゴの新ブランド「SUGOI(すごい)」の専用パッケージを開発した。縦30センチ、横38センチの透明な包装袋に、日本をイメージしたカラフルなアニメ風のキャラクターなどを描いた。180グラムほどの小玉リンゴを10玉載せたトレーが納まる。素材に鮮度を保持できる特殊なフィルムを選んだ。

 「SUGOI」は昨年、高級な大玉中心だった日本産リンゴを手頃な価格で海外に届けようと、JAが貿易会社のウィズメタックフーズ(東京都中央区)と共同で立ち上げた。今年産からJA全農あおもりや県内の他のJAも加わり、昨年産の2倍を超える2000トンの輸出を計画する。

 JA津軽みらいりんご課の盛明徳課長は「主力品種のふじの場合、小玉が1割ほど出る。これを有効に売り込み、生産者の手取りを増やしたい」と話す。(染谷臨太郎) 
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは